〜本日のランチ〜
冷凍パスタ
コロッケパン
枝豆

NCISシーズン11 ep.12
プレイズ・ラフマニノフ
by アレクサンドル・タロー

ラヴェル:ピアノ協奏曲他
(指揮)レナード・バーンスタイン

ベートーヴェン:交響曲第5番『運命』
(指揮)レナード・バーンスタイン

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番『皇帝』
by エフゲニー・キーシン

〜本日のランチ〜
日清SPA王PREMIUMたらこ
枝豆

NCIS シーズン9 ep.9
作曲家の特徴と作品

ベートーヴェン
→才能+基礎があり音楽に対する妥協のなさ。
シンプルで飽きのこない音楽が基本姿勢。
音楽には品格を感じさせる要素が多い。
ベートーヴェンの三大ピアノソナタ:
・第8番『悲愴』
・第14番『月光』
・第23番『熱情』

交響曲第3番変ホ長調作品55「英雄/エロイカ」
→最も重要な作品の一つ。第2楽章葬送行進曲は告別式でよく使われる

交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
→とにかく有名

交響曲第6番ヘ長調作品68 「田園」
→田園にいる人々の心の喜びを表現した曲。

交響曲第7番
→非常にバランスが取れている。唯一タイトル無し。
リズム重視で作られ明るさと高揚感を意識させる。

交響曲第9番第三楽章
→天国的な音楽

モーツァルト
→バランス感覚、メロディーメーカー。
得意分野は協奏曲、特徴は聴きやすさ。

交響曲39番40番41番は『三大交響曲』と呼ばれる。

ショパン
→音に深みがある。心地よい音の旋律。
人間の自然な心の動きを曲に表現している点。

『ノクターン第2番ホ長調Op.9-2』
→定番中の定番。映画『愛情物語』で使われる。

『バラード第4番へ短調Op.52』
→円熟期の最高傑作

シベリウス
→フィンランドの作曲家
代表作は交響曲2番と交響詩フィランディア

マーラー
→本業は指揮者。交響曲第5番が有名(通称マラ5)
精神分裂的な感情の激変

〜本日のランチ〜
牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ
枝豆

NCISシーズン9 ep.5
〜本日のランチ〜
牛挽肉とまいたけのクリーミーボロネーゼ
コロッケパン
枝豆

NCISシーズン9 ep.2

〜本日のランチ〜
とみ田監修「豚ラーメン」
枝豆

NCISシーズン8 ep.19


〜本日のランチ〜
サラダチキン
枝豆
ナポリタン

NCISシーズン8 ep.13
〜本日のランチ〜
豚汁&チャーハン

NCISシーズン8 ep.6

今日から3月スタート、
あっという間に夏が来そうです。
〜本日のランチ〜
チャーハン

NCISシーズン8 ep.2
新シーズンへ突入しました。
メキシコ麻薬カルテル恐ろしや。
〜本日のランチ〜
チャンポンスープ&チャーハン

NCISシーズン7 ep.18

新製品のチャンポンスープが口に合わず、、
次回からはポトフか豚汁にしようと思います。

カテゴリ

2019年3月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ